「遺品整理」が、遺族だけで行う事が出来なくなった今日の日本社会。

そして高齢化、孤独化が進む社会の中、故人の遺品を整理する「遺品整理」に関する専門家資格「遺品整理士」という資格が生れました。

遺品整理士とはどんな資格か改めてみていきます。

遺品整理をご遺族に代って行う人であり、「専門的な知識」と「故人への畏敬・感謝の気持ち」、「ご遺族への配慮の気持ち」を持ち合わせた、遺品整理の専門家のこと。

この遺品整理業務を事業として代行する時は、法規制に遵守した形で行っています。

遺品整理の取り扱い手順、また、遺品整理に関わるさまざまな法規制等の知識を、正しく身に付けて、遺品整理士として認定されてはじめて、この資格が活きてきます。

この遺品整理士という資格は、一般社団法人「遺品整理士認定協会」が交付するれっきとした資格です。

ですので、資格取得のためには専門知識が必要です。

その専門知識を学ぶ講座があります。

この資格取得を機に、すでに遺品整理に携わっている人たちや業者も「法規定に基づいた法令遵守への認識を高めるとともに、実務の観点だけではなく、遺品から、”命の尊さ”について、もう一度改めて考える機会にしてほしい」との願いが込められています。